Skip to content(本文へジャンプ)

GCで身につくビジネススキルの成長について

2020年01月15日

新卒入社5年目の神崎翔太郎といいます。


入社以来、メインの施工事業を軸足に

新規事業の営業と、新卒採用を兼任で任せてもらってます。


社会人生活ももうすぐ丸5年が終わり、もうすぐ6年目。

社員ブログ登場も5回目。


「成長」という観点で5年間の総まとめを書いてみようと思います。


成長哲学は世の中でしこたま語られており、

ネットでも本でもゴロゴロ落ちてますが、


せっかくなのでGCストーリーで得られる成長を

僕なりの視点で解説しようと思います。


採用や広報において、社風や理念や組織が全面に出てますが、

あえてここで伝えたいのが、スキル面での成長です。


たくさんありますが、ここでは3つに絞って書きます。


①プロジェクトマネジメント力(以下プロマネ力)

GCの事業のコアコンピタンス(競合他社に真似できない核となる能力)です。


サインの全国一斉施工や連続出店を

1.期限内に

2.予算金額内で

3.期待レベルの品質のもと

4.リソースを有効活用して

5.顧客が満足する状態で完了する


以上の条件でプロジェクトを成功させるために、

製造や物流等ありとあらゆるリソースを

最適配分してマネジメントするスキルが身につきます。


これはかなり市場価値の高いスキルなので、

案件によってはGC社員がお客さん先に出向して、

業務効率化の仕事を受注したりすることもあります。


②構造理解力

プロマネをやると身につく、関係者や業務フローの構造理解も

もちろんなのですが、


特にGCの営業メンバーが持っているスキルとして、

相手の生い立ちや立場、感情といった内面の構造から

仮説を立てて読み解く相手のニーズを掴むスキルです。


内省をする文化がGCにはかなり強く根付いているので、

相手や自分の感情や内面を考えるスキルが身につきます。


現にここで培ったものを、

商談のみならず社内マネジメントや、

採用シーンにおける学生との面談に転用出来ています。


③自分でキャリアを選んで積める土壌

これだけ◯◯力ではないのですが(笑)、

GCには自分が活かせる業務に自由に参加できる風土があります。


現に僕自身は営業として2部署、人事で1部署掛け持っていますし、

他にも現場でプロジェクトマネージャーをしながら、

社内評価制度の立ち上げをしている人、事業部を兼任してる人も居ます。


自律を前提に、自分で考え動き、自分の望む成長を

自分で選択できる環境です。

最高。


書いてみて思ったのは、

こんなに自由に成長できる環境はかなり貴重だと思うので、

活かしきっていきたいと思いました。


以上がGCにおけるスキル面での成長ポイントでした。


下記5年間の自分で書いた社員ブログも貼っておきます。


■バックナンバー

業務と考え方(1年目)

12期の目標(2年目)

仕事を通じて学んだこと(3年目)

「好き」 で突き抜ける(4年目)

55922089_2362308353832420_48802381944586240_o.jpg

ページの先頭に戻る

アーカイブ

  • チャレンジ25 未来が変わる。 日本が変える。 サイベイト株式会社はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。
  • Best Venture100 ベンチャー通信編集部オススメのベンチャー
  • 新経済連盟
  • 就活アワード
  • 2018年発表「働きがいのある会社」ランキング