Skip to content(本文へジャンプ)

GCS CI DESIGN

  1. HOME
  2. 会社概要
  3. GCS CI DESIGN

GCStory Corporate Identity Design Concept

Symbol Mark Dividing figure

悟りの目:Enlightement Eyes

GCStoryのCIデザイン、シンボルマークは、悟り、目覚め、目が、心の目が開いた瞬間を
シンボルマークとしている。

人が目覚めた時、そして目が、心の目が開いた瞬間が悟りである。

GCStoryのシンボルマーク、CIデザインは自らが目覚めたという貌、マークであり、故に、
人々、人類の目、心の目を開け、目覚めさせることができるのである。

自らが悟ることで、人々を、人類を社会・世界貢献へと誘い、人々を、人類を幸福にする。
それは、日本を、世界を幸福にすることに他ならない。

自らが目覚めることで、人々を、人類を、生きとし生けるものを成長させ、
人々を、人類を、生きとし生けるものを豊かにする。それは、日本を、世界を、地球を豊かに
することに他ならない。

それこそが、GCStoryの企業としての使命であり、その企業姿勢そのものが、永遠に
語り継がれる物語、Storyへと昇華するのである。

Growth for Contribution and Story

GCStoryのシンボルマーク、CIデザインは人々の、人類の、生きとし生けるものへの、
貢献と、成長と、その物語の創造に寄与することへの誓い、その約束の印、象徴として、
今ここに、世に放たれたのである。

Prof.稲吉紘実

Symbol Mark : Enlightement Eyes

Logo Type

Corporate Identity Designer

CIデザイナー Prof. 稲吉 紘実 プロフィール

マーク・ロゴデザインの第一人者であり、世界を代表するCIデザイナーの一人。

企業・団体のCIデザインを数多く行い、1990年代後半よりパーソナルマークという、
グラフィックデザインと芸術の新たな分野を確立する。

ニューヨークADCアドバタイジングポスター部門で日本人として初めて2つの
ゴールドメダルを同時に受賞した他、内外で数多くのデザイン賞を受賞している。

また、ソーシャルデザインの先駆者として、国連で「フィランソロピー
シンボリック-稲吉紘実 展」が開催されるなど、デザインと芸術、そして社会貢献・
平和活動に動における真のイノベーターとして、グローバルに活動している。

HIROMI INAYOSHI OFFICIAL

Wikipedia

GCな人たちのnote

  • 2018年発表「働きがいのある会社」ランキング2018年発表「働きがいのある会社」女性ランキング
  • ウーマンエンパワー賛同企業
  • at Will Work

ページの先頭へ