Skip to content(本文へジャンプ)

「どちらか」ではなく「どちらも」大切に出来る自分でありたい。

2021年04月07日

GCストーリーに中途入社して6年目の佐藤です。


年齢を積み重ねて、大切にしたいものが増えました。

関わる人も多くなりますが、当然ながら時間は有限です。

全てを手に入れるのは不可能で「選択」する必要があります。


ただ何かを犠牲にして何かを得る生き方は本当に幸福なのか?と

最近考えるようになりました。

「どちらか」ではなく「どちらも」大切に出来る

自分でありたいと考えるようになっています。


自分と他者

後輩の成長支援に関わる仕事と

自分が実行する仕事があります。


相手を信頼して仕事を任せつつ、

自分のやるべき業務にも全うしていますが

バランスを考えます。


タスクを切り分け、丸投げにならないよう

目的や意図を説明して依頼。

かつ、本人のキャリア意向も念頭に置きつつ

成功体験を積んでもらえるような配慮しています。


当然ながら僕も自分自身をどのように育てるのか、

そして挑戦領域にどれぐらい時間を使うのか?都度考えます。

自分と他者。個人と会社と社会が繋がっていく

仕事の意味づけやバランスを考える機会が増えました。


仕事と家庭

家族が出来て仕事に割ける時間が減りました。

昔は仕事が終わっても、仕事につながる勉強などに

時間を充てていましたが、

現在ではそのような時間の使い方も厳しくなっています。


かといって、現在を不幸に感じるか?でいうと

そんなこともなく、家族と過ごす穏やかな時間は

自分にとって大事にしています。


現在と未来

今までのやり方は安定しているので、

つい同じ方法を選択したくなりますが探求も必要です。


現在のベストが未来にとっての最善解ではない

可能性もあります。

新しい実験領域を仕事で試す時間を作り、

現在と未来のバランスについても模索しています。


自分のためでもなく、誰かのため、でもなく自分達のために

210324_R.jpg

「自分と他者」「仕事と家庭」「現在と未来」

トレードオフな環境をどのように融和していくのか?

どちらも大事にする生き方は可能か?

が最近の自分の関心領域です。


昔は視点が自分だけで良かったのですが、

最近は周囲を含めた幸せを考えます。


自分のためだけでもなく、誰かのためだけでもなく、

自分達が幸せになっていく生き方を目指したいです。

ページの先頭に戻る

アーカイブ

  • チャレンジ25 未来が変わる。 日本が変える。 サイベイト株式会社はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。
  • Best Venture100 ベンチャー通信編集部オススメのベンチャー
  • 新経済連盟
  • 就活アワード
  • 2018年発表「働きがいのある会社」ランキング