Skip to content(本文へジャンプ)

12期の目標

2016年02月01日

皆様、お疲れ様です。


入社1年目、サイン事業部セールスグループの神崎です。


今回記事を書くにあたって新しい期に入るタイミングということもあり、

今期のスローガンと目標を僕なりの解釈で少し紹介させて頂きます。


まずスローガンに「大局観でものごとを捉える」ことを

今期は会社全体で掲げました。


お客様やgCストーリー、看板屋さんの幸せ・調和を実現するために、

自分に適切な役割を全うさせることを指します。

これがめっちゃ難しいんです。

売上を上げ続けることも、社内外における人間関係の構築も、

どれだけ全体で捉えられるかで決まります。


そしてその力は相手の事を考えている時間の密度の濃さで変わります。

考え抜き、動き続けることで大局観でものごとを捉えることが

できると信じています。


という風に僕自身があたかも分かっているような書き方をしてしまっていますが、

そんなことは全く無く、

入社から今日に至るまで訪問時や戦略を練る際、チームで働くにあたって、

考えの浅さを身を以て知る機会が多かったため、

自戒の念も込めて、ブログの題材に選びました。


次に今期の目標の

「ものごとをシンプルに捉える」ことです。

起こっている事象が複雑になればなるほど、僕は「◯◯はなんでだ」

「とはいえ◯◯も起こっているし...」と結局動けなくなることが

多々有りました。


そして複雑になればなるほど、感性的な悩みをしてしまいがちです。

でもそんなときこそ「本当に必要なこと、解決するべきことはなんだろう」

と思考することでもっとガシガシ動けるのではと省みたので目標にしています。


最後に「感謝の気持ちを持つ」ことです。

前述の大局観の話にも繋がりますが、相手を想って動けるか否かは

思考の密度以外に「感謝しているかどうか」が関係していると感じています。


家族にありがとうと思えていれば、家族の為に出来ることは何かと考えるだろうし、

恋人にだって同じような事を考えるはずです。

それをお客様にも社内メンバーにも看板屋さんにも感謝をすることで、

もっと幸せに楽しく働けるんじゃないのかなと思います。


つらつらと書きましたが、頭で分かっていても実行するのはどれも簡単ではないですね...笑


だけど幸せに働くにはどれも大事なエッセンスなので、

今期この3点を重点項目として生きるつもりです。

出来ていなかったら社内外関わらず、言ってやって下さい!


ではまた!

ページの先頭に戻る

アーカイブ

  • チャレンジ25 未来が変わる。 日本が変える。 サイベイト株式会社はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。
  • Best Venture100 ベンチャー通信編集部オススメのベンチャー
  • 新経済連盟
  • 就活アワード
  • 2018年発表「働きがいのある会社」ランキング