Skip to content(本文へジャンプ)

内定者からみたgCストーリー

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 内定者からみたgCストーリー

gC内定者の就活の様子を大解剖!気になる人の就活体験記を覗いてみよう

家業を継ぐための成長重視阿久津 絹人(あくつ けんと)
日本大学 工学部

#家業を継ぐ #人としての成長 #義理人情 #左利き #いいパパwill

阿久津 絹人の
"ちょい"ストーリー~家業を継ぐための成長重視~

gCと出会う前の気持ち

ずっと家業を継ぐか一般企業に就職するか悩んでいて、
就活を期に家族と話し合って家業を継ぐことを決意した。
まずは技術的な部分ではなく、
人として成長するということ
に重点を置き看板に携われる会社で働きたい思った。

gCと出会った後の気持ち

初めてgCに行ったのがお昼頃で
社食がとても美味しいのに感動した笑 
お昼を食べながら何人かの社員さんと話をし、
いきなり来た学生にこんなに親身に
考えて寄り添ってくれて温かいなと思った。

ファーストインプレッションからの変化・不安

選考などを通して最初に感じた通り社員の人はみんな温かかった。
また、社員が全員会社を好きといってることに驚いた。
今までは家を継いだら漠然といい会社にしたいという思いしかなかったが、
gCと出会い自分も家を継いだらこんな会社にしたいと感じた。

なんでgCに決めたのか

人との繋がりを大切にして、人に寄り添える温かい人間になりたいと思い、
gCこそが自分の求めていた技術的な部分ではなく
人として成長でき看板に携われる会社だと思ったから。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/59309

自分を表現できる環境重視荒生 俊(あらお しゅん)
駒沢大学 グローバルメディアスタディーズ学部

#ビジネススキル高 #アウトロー #19卒の指揮官 #飽くなき向上心 #TOEIC850点

荒生 俊の
"ちょい"ストーリー~自分を表現できる環境重視~

gCと出会う前の気持ち

TOEICで850点を取ったり、
営業会社のインターンでインターン生内1位をとったりと、
他人よりも色々なスキルを得たので、
「人生ちょろいな」と自惚れていた。
自分のことしか考えない自己中就活生でした。

gCと出会った後の気持ち

合宿で社員との面談を通してひたすら自分と向き合いました。
「自分って何だろう」と何度も自問すると、
もっと幸せな空間に居たい、
もっと自分が心から望む生き方を模索したい
と思いました。

ファーストインプレッションからの変化・不安

なんか「幸せ」を掲げまくっていて怪しんでいました。
そこで3ヶ月間のインターンをしてみたところ、
印象は「怪しい」から「人間臭い」に変わりました。
みんなちゃんと泥臭く仕事をして、苦しみながらも笑っていたんです。

なんでgCに決めたのか

自分の弱さ、不都合を
見て見ぬふりをしていた僕がいることを知るキッカケを与えてくれ、
そして何よりも自他の幸福を最大化するその姿勢に憧れたので、
ここの家族になろうと決めました。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/55330

内面的な幸せと成長重視楠木 理子(くすき りこ)
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部

#海外インターン #元・広告業界志望 #ストイック #センスが光る #愛のVenus

楠木 理子の
"ちょい"ストーリー~内面的な幸せと成長重視~

gCと出会う前の気持ち

就活に向けて海外インターンや逆求人を通して自分磨きをしていた。
かっこいい社会人に憧れていたので、
「幸せ」をキーワードに顧客に幸福になってもらいつつ、
数多くの経験を積んで大きく成長できる会社を探していた。

gCと出会った後の気持ち

とても深く寄り添ってくれること、
こんなに私のために真剣になってくれることに衝撃と安心を感じた。
合宿型説明会や面接などの機会を通して
gCについて知るたびに不思議と気持ちが楽になった。
ここで人間性や自他共に幸せになる術を学びたいと思った。

ファーストインプレッションからの変化・不安

当初はキレイゴトや幸せが事実か懸念を抱いていた。
また、会社の良さがわかっても最後の一歩が前に進めない、
何かが引っかかっている自分がいた。
gCを深く知っていくうちに懸念は自然と消え、
また寄り添って一緒に悩んでもらうことでモヤモヤが解消された。

なんでgCに決めたのか

幸せを追求し続ける姿勢、素敵な社員の方々に惹かれたから。
自分のためよりも周囲の人のために頑張る方がモチベーションを高く保てるので、
この素敵な大家族の一員になり常に成長し、
周りに幸せを広げて行きたいと思ったから。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/55461

幸せに働ける環境重視櫻庭 実咲(さくらば みさき)
東北大学 文学部

#元・人材業界志望 #gCの事業がわからず不安 #19卒のお母さん #愛に生きてる #めんどうみがいい

櫻庭 実咲の
"ちょい"ストーリー~幸せに働ける環境重視~

gCと出会う前の気持ち

「皆が自分を肯定できる社会にしたい」と思い、
ずっと人材業界で就活をしていた。
その気持ちは嘘ではないけれど、
何か違う気がしてずっとモヤモヤしていた。
また、華やかでエネルギッシュな人材業界と
温和を好む自分とのギャップに苦しんでいた。

gCと出会った後の気持ち

「ユートピア発見」(笑)。
こんな哲学的なことを考え実践しながら働ける場所があるのか!
という驚きと嬉しさ。
実は面接練習会で最初に出会った時は、
事業内容を理由にしばらく疎遠になっていたが、
「まず自分を肯定し、幸せでいられること」
を大事にしようと考え直した所、自然とgCストーリーが浮かんできた。

ファーストインプレッションからの変化・不安

哲学的な香りに惹かれるけど何か胡散臭いと思ってた。
面談を繰り返してその懸念は消えたけれど、
事業内容とお給料に関して不安が残った。
自分が幸せに働くことが周りの幸せも生むと理解して事業内容クリア。
こんなに人を大切にしてるのに
お給料そんな低くないだろうと信頼してクリア(笑)

なんでgCに決めたのか

「幸せの拡大」という考え方にビビッときたから。
まず自分、そして身近な周りへ社外へと幸せを広げる方法を学びたい。
人が幸せになるには個人の選択/環境要因があると思っていて、
私は環境向きなのでどうやったら「組織ごと」幸せになれるのか、
長い人生で最初の勉強をしにきた感覚。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/61518

人としての成長重視佐藤 春菜(さとう はるな)
新潟医療福祉大学 健康科学部

#元・教員志望 #成長重視わず #ポジティブ #バスケ全国大会 #直球女子

佐藤 春菜の
"ちょい"ストーリー~人としての成長重視~

gCと出会う前の気持ち

とにかく成長したい。
キャリアアップして、
リーダーになって、
部下をもってマネジメントしたい。
仕事ができて、
誰もが憧れるかっこいいキャリアウーマンになる。

gCと出会った後の気持ち

リーダーってなに?
キャリアってそんなに大事?
誰のために成長するの?
自分のため?
かっこいいキャリアウーマンになってその後は?
それでなにがしたいの?
根本的から考えが違うgCに衝撃を受ける。
自分が本当に嫌いになりました笑

ファーストインプレッションからの変化・不安

わたし自身がもともと理想が高くて、
常にかっこよくありたい人間だったので、
自分の弱みを他人に見せたり、
他者への貢献や幸せのために
とことん時間を費やせたりする人たちに感動した。
一方、自分がその中に入って本当に受け入れてくれるのか、
変われるのか不安だった。

なんでgCに決めたのか

自分が今まで理想としてきたものをここで一回崩そうと思った。
自分の嫌なところも避けずにしっかり見つめる。
幸せとはなにか、
成長や貢献とはなにか考えようと思った。
自分を変えるのは今ここでしかないと思ったから。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/61534

どんな人と働くか重視中田 悠介(なかた ゆうすけ)
小樽商科大学 商学部

#信念貫く系男子 #愛されキャラ #19卒の調整役 #器でっかいどう #チャンネル登録よろしく

中田 悠介の
"ちょい"ストーリー~どんな人と働くか重視~

gCと出会う前の気持ち

大学時代の経験とある企業との出会いから、
共に高め合い助け合い進んでいける人間関係の構築が必須だと考えた。
また、仕事とは関係なく周囲にどんな影響を与えたいかという熱と、
夢を持っている人間に魅力を感じた。

gCと出会った後の気持ち

初めて出会ったのはビデオ通話。
無人島での生活を例に挙げて
人の幸せを考えてハッとさせられた。
学生一人ひとりに寄り添う姿、会社への愛、世界の幸福の追求など
新鮮な一面が多く見られたとき、
gCの魅力にどっぷりと浸かっていった。

ファーストインプレッションからの変化・不安

なんて素直な方が多いこと。
個々が目標を持ちながら、
全体で理想を追求する姿がはっきりと目に見えた。
しかし、もし自分が働いたときにしっかり事業内容を理解し、
どのように成長できるのか明確にすべきと感じた。

なんでgCに決めたのか

正直不安を抱える前に、
gCの方々と一緒に働いてみたいという気持ちが芽生えていた。
自分にとって魅力的な部分が多く、
他に出会う会社がこれを超えることがなかった。
また、ここに集まる学生の個性にも惹かれた。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/61515

理想と現実のバランス重視中原 誠大(なかはら まさひろ)
長崎大学 水産・環境総合研究科

#イベント企画多数 #真理求めてる系 #思考のバランス #少年心 #飛行機乗り遅れ魔

中原 誠大の
"ちょい"ストーリー~理想と現実のバランス重視~

gCと出会う前の気持ち

学生時代は「若者の社会への関心を高める」を
モットーに国内外でラジオやイベントをやっていたが
「大切だけどニーズがない」矛盾に悩み
「何が本当に人の為か」を問い直す。
まずは自分がそれを知る必要があると感じ、
1.利他精神の純度 2.理想と現実のバランス感覚 3.創造性ある仕事
の順で会社を探していた。

gCと出会った後の気持ち

インターンシップで衝撃を受ける。
感じたのは歴史に裏打ちされた最高品質の利他精神。
形而下と形而上の両輪が伴った真理への探究心。
全てをさらけ出して人間性を磨き合う姿勢。
これだと確信した。

ファーストインプレッションからの変化・不安

選考時に仕事内容と給料に不安を覚える。
仕事内容は苦手そうだったが、gCの社員となら寧ろ安心した。
給料は、子どもの教育分あれば問題ないと考えていたが、
それは問題ないことが分かり、
なにより一番の資産である硬い信頼で結ばれた人間関係があったので
特に心配はいらないと判断した。

なんでgCに決めたのか

結局、利他精神の純度、その一点に強く引っ張られた。
また、会社に合わせ過ぎる必要はなく、
ありのままでありながらも、
ありたいままでいられる文化にも安心感を覚えた。
何より、gCにいると心から笑えた。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/55490

多様な生き方への寛容性重視矢野 伸一郎(やの しんいちろう)
早稲田大学 文学部

#役者志望 #夢追い人 #大病わず #即レスは負けない #人間大好き

矢野 伸一郎の
"ちょい"ストーリー~多様な生き方への寛容性重視~

gCと出会う前の気持ち

毎日同じことを朝から晩までやっているサラリーマンに全く魅力を感じなかった。
大人はそれぞれ自分が持っていた夢を諦めて定職についているんだろうなと、
社会人になることは何かを諦めることなんだと絶望していた。

gCと出会った後の気持ち

自分の信念を持ってパーソナルミッション(「求める人物像」を参照)
に生きるgCの社会人がカッコイイと思った。
社会人になって何かを諦める必要は無いと言ってくれる人がいた。
社会に貢献出来ない自分を否定していたが、
輝く場所もあるのだと希望を感じた。

ファーストインプレッションからの変化・不安

綺麗事だとか言いながら
実際入った後に態度が急変するのではないかと警戒していた。
しかし、会う社員全員の目がキラキラしてるし、
職場に子供が走り回ってるし、
役者の目から見てもこれは演技ではないと分かった笑笑

なんでgCに決めたのか

ありのままの自分をここまで認めてくれる会社が他になかった。
自分という人間をここまで知ってくれて、
掘り下げてくれる会社はここしかないと確信した。
ここで、自分のパーソナルミッションを追いかける人生を見つけてしまった。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/55449

自分の直感重視米田 恭一朗(よねだ きょういちろう)
愛媛大学 教育学部

#元・教員志望 #菩薩 #ほんわりさん #Mr.アジア #居候系男子

米田 恭一朗の
"ちょい"ストーリー~自分の直感重視~

gCと出会う前の気持ち

大学では教育学部に通い、
教員になる道しか知ろうとしなかった自分。
理由あり教員になるという道を閉ざした時、
自分のやりたいこともわからない、
業界、軸、就職活動ってそもそも何なの?
そんな感じでした。

gCと出会った後の気持ち

gCの面接は、
今まで自分でさえも言葉で表現することができなかった僕の強み、
良いところを言葉に変えて教えてくれました。
ここまで自分に寄り添い、
考えてくれる人達に人生で初めて出会った気がします。

ファーストインプレッションからの変化・不安

そもそもgCとの出会いが、
信頼している社会人の方の紹介だったから
コンタクトをとる前から信用していた節はありました。
ファーストコンタクトをとって、お話をした時点で、
「あぁ、探していたものに出会ってしまった。」
って直感で感じました。
給料面で少し不安があったりしたけど、
環境と給料を天秤にかけたとき
結果は一目瞭然。環境!!

なんでgCに決めたのか

僕は、周りにいる人、環境に影響を受けて人間性さえも変化します。
カメレオンみたいな感じ。で、gCの社員さんたちを見ていて思ったんです。
自分のなりたい理想像の人がたくさんいるって。
人に優しくあたたかく、家族のように接することができる人。

もっと話を聞きたい方は、お気軽にこちらのMatcherアカウントまで!
https://matcher.jp/plans/61573

ページの先頭へ