Skip to content(本文へジャンプ)

社長インタビュー

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 社長インタビュー

社長インタビュー

神崎
社長ってどんな学生時代を送っていたんですか?
社長

割とやんちゃだったよ(笑)
高校時代に複雑な家族関係とか一直線に夢に向かっていたりとか様々な背景を持つ友人と出会って、かなり考え方が変わったんだよね。まさに、人それぞれ考え方が異なる中で、「何が正しいことなんだろう?」という問いに向き合い始めた時期。
それ以来、常にいろんなことに疑問を持つようになったね。

手嶋
大学時代はどうでしたか?
社長

宮城教育大学に進学したんだけど、そこでも「教育とは?」という疑問に向かい続けた。ほとんどが教員になる前提で入学する大学なので、学生も皆疑問を抱かず教員を目指していたわけだけど、そこにも「何故、教員を目指すのか?」という疑問がわいてきた。教育を深く理解せずに教育者になることは「教える立場」として非常に危険なことだと思ったんだよね。
結果、教職に進むことは辞めようと......。

高橋
えー、なぜですか??
社長

中途半端に向き合える職ではないと感じたんだよね。
教えることって、人の人生を左右する大きな仕事だし、今の気持ちで教員になることは誠実ではないと。であれば、事業会社で何か別の事に貢献することも一つの道ではないかと考えるようになった。
そうして、新卒で事業会社へ入社することになったんだ。

木村
就職活動はどのような形で行っていたんですか?
社長

そういった背景だから、軸は無いよね。正直(笑)
色々考えた結果、流通業、なかでも当時隆盛を誇っていたディスカウントストアに就職した。

長谷川
どうしてその会社に?
社長

数ある説明会の中で社長の説明にひらめくものがあったんだ。
加えて、米国でチェーンストア理論(多店舗展開によるメリットを理論的に解説した考え方)におけるディスカウントストア市場が売上規模を拡大していて、国内におけるその市場に身を投じてみたいと考えたんだよね。
その際の社長とは今でも付き合いがあるんだよ。まさに出会いだよね。

沖永
その後、起業したきっかけは何だったんですか?
社長

既存の仕組みの中で働くことに限界を感じたんだよね。改めて、「働くってなんだろう」と。
理論と仕組みが整っている中で効率的に仕事をする、そこで得るものはなんだろうと。
そこで今でいうところのベンチャー企業を探していたら、縁もあり、看板屋さんに材料を売る商社に就職することになった。
そんな中、ITバブルが到来して、商社の存在意義が問われ始めたんだよね。
そこで猛烈な危機感を感じて、新規事業で看板屋さん向けのWebポータルを作った。それが看板コンシェルの前身になっている。

青井
立ち上げ時はどんな感じだったんですか?
社長

そんな形で新規事業が軌道に乗り始めたら、会社から「自由にやるなら起業じゃないの?」って。
それで出来たのが、前身の会社。
あるのは想いだけだったから、共感してくれるメンバーを募ったよ。みんな涙ながらについてきてくれたんだよね(笑)

渡辺
起業した際に上手くいくかとか給料に対する不安とかなかったんですか?
社長

自分を信じていたこともあり、なんとかなると思っていた。あとはついてきてくれるメンバーもいたから、不安はなかったよ。
もともと、自分自身お金に執着していなかったということもあるけどね(笑)

髙橋
gCストーリー起業の経緯はなんだったんですか?
社長

当時、Webポータルを作って登録してくれた全国の看板屋さんに車で訪問してたんだよね。もうほんとに稼ぎもないから、登録会員さんとビジネスの芽を探すために全国行脚する旅。
忘れもしないんだけど、車で寝泊まりしているときに若手社員が、「想いだけでは仕事は出来ない」って泣きながらに訴えてきた。衝撃を受けたよね。自分はあまりお金に執着が無かったので、あくまでお客様(当時でいえば看板屋さん)だけを見て、いいサービスを作ろうって、必死で頑張っていた。けど、それでは本当の経営者では無くて、従業員も守るのが経営者の仕事なんだと。
そんな経緯もあって、gCストーリーの理念は一番最初に「従業員の幸福」をかかげているんだよね。創業時は大手のチェーン本部さんや会員の看板屋さんに、今でこそgCストーリーの強みとも言えるプロジェクトマネジメントの構想を話して、共感してもらった方々に本当に支えてもらった。
これから、そういった方々に、会社として成長することで恩返しをしていきたいと本当に思っているので、みんなも成長していこうね。

全員
はい!

ページの先頭へ